Carbon

カーボン

3Dプリンタープリント材料開発製造業DXデジタル・マニュファクチャリングサブスクリプションファブレス生産

製造業をデジタル化(インダストリー4.0)を実現する大量生産可能な3Dプリンターをサブスクリプション展開。自動車部品からスポーツ用品、医療用、宇宙向けまで、様々な用途向けのプリント材料の開発も自社で行う。

  • 設計・試作・生産が分業され、かつ生産に金型製作を伴う従来の製造プロセスに対し、設計・試作・生産までの全製造プロセスがPC上で完結。製造業のデジタル化を実現。

  • 従来の金型による射出成形と同等レベルの出力品質と大量生産可能な出力速度を実現。さらに、従来の金型では実現困難だった複雑なデザインも可能に。* 定額で3Dプリンターを期間貸しするサブスクリプション型のビジネスモデル。Carbonの3Dプリンターを消費地に配置すれば、オンデマンドの現地生産体制を即構築可能。

  • Adidasのスニーカーのソール、FordやBMW、ランボルギーニの自動車パーツ、JINSのメガネフレームから、歯科用品メーカー向けの入れ歯やジョンソンエンドジョンソンの手術器具などの医療器具まで幅広く生産(実績の一部)* 試作品製造にしか活用できなかったこれまでの3Dプリンターとは異なり、従来の金型による射出成形と同等レベルの出力品質と、大量生産可能な出力速度により、実製品の生産に対応

  • 設計から試作、生産までの工程がすべてPC上で完結。製造業のデジタル化を実現

  • Adidasのスニーカーのソール、FordやBMW、ランボルギーニの自動車パーツ、JINSのメガネフレームから、歯科用品メーカー向けの入れ歯やジョンソンエンドジョンソンの手術器具などの医療器具まで幅広く生産(実績の一部)

  • 定額で3Dプリンターを期間貸しするサブスクリプション型のビジネスモデル

  • Sequoia Capital、Fidelity Investments、Temasek Holdings(シンガポール政府系ファンド)、GV(Google)、Adidas Ventures、Autodesk、BMW i Ventures、GE Ventures、Johnson & Johnson Innovation - JJDC、JSR(4185)、Nikon(7731)等が投資

社名
Carbon, Inc.
業種
情報技術/ハードウェア&半導体/ハードウェア
主な業容
最終製品を大量生産可能な3Dプリンター
本社所在地
米国、カリフォルニア
会社設立年
2013
累計調達額
682百万ドル
PitchBook Data Inc. (2021-01-11時点)